憧れのデザイナーになる為にはファッション専門学校に通おう

サポート体制で学校を選ぶ

メイク道具

メイク業界で働く為には、美容室やメイクサロンで働きながら経験を積むか、専門学校に通って資格の取得を行ないながら就職する方法に分かれています。メイクに関する知識は無い場合には、専門学校で基礎から学ぶ方が良いと言えます。メイクを学べる専門学校では、トータルで美容について学ぶこともできます。多くの専門学校が2年制のカリキュラムになっています。1年次では、美容に関する基礎知識やテクニックを学びます。プロ講師による指導で、知識や経験が無くても上達することができます。2年次では適正に応じた学科を選択できる学校もあります。1年次で学んだ経験を活かして、ビューティー科やネイル科に進むことができます。

専門学校の中には、人相学を取り入れた実技指導を行なっているところもあります。人相学を使って、美しい表情作りができるメイクを学んでいくことができます。商品開発に携わる授業やセールスに関する授業もあり、卒業後は幅広い分野で活躍することもできます。就学中に資格を取得したいのであれば、国内や海外で認定を受けている資格を取得できる学校に通いましょう。どの様な資格を取得できるかは、学校によって異なります。世界で活躍したいのであれば、国際ライセンスの取得を目指しましょう。入学を決める前に各学校の資料を請求し比較することで、自分に合った学校を見極めることができます。ある程度候補が絞れたら、見学説明会に参加して実際の授業風景を確かめてみましょう。